logo

スポーツシステムデザイン・マネジメントラボは、慶應義塾大学大学院SDM研究所に附属する研究室です。
スポーツシステムデザイン・マネジメントラボ
スポーツの価値向上を目指して
スポーツシステムデザイン・マネジメントラボは、慶應義塾大学大学院SDM研究所に附属する研究室です。

ABOUT US

目指すは、
方法論による
スポーツ価値の向上

アスリートの為に

アスリートのために

楽しむ人の為に

楽しむ人のために

指導者の為に

指導者のために

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所スポーツシステムデザイン・マネジメントラボ(慶應SDMスポーツラボ)は、システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)附属の研究機関として「する・観る・支える」に渡るスポーツの価値向上、また、様々な社会課題に対するスポーツによる解決への寄与を目的として2013年11月に設立されました。SDM研究科で研究教育を行っている「システム思考」や「デザイン思考」、「マネジメント」の考え方や方法論、手法を活用し、スポーツに関係するあらゆる方々と共にその魅力の向上や課題の解決のための取り組みを行っています。

現役もしくは引退後のトップアスリートから、スポーツ産業やスポーツマネジメント、人材育成に関わっている者、全く異なる分野に従事している者やスポーツに興味がある者などが研究員や学生として研究やプロジェクトに取り組んでいます。

システム思考

俯瞰的に物事の構造や相互作用を見極める

デザイン思考

ユーザ中心で感性や協働を重視して価値創出する

マネジメント

質やリソース・リスクなどのバランスをとる

データアナリティクス

データ取得・分析・可視化で事象の特徴を明らかにする